1. TOP
  2. ソフトバンクからワイモバイルへ!デメリットのまとめ

ソフトバンクからワイモバイルへ!デメリットのまとめ

 2018/06/14 特集
この記事は約 16 分で読めます。 309 Views

ソフトバンクの月額が高い、ワイモバイルに乗り換えようかとご検討中の方、ソフトバンクからのMNPはキャンペーンがメチャ少ないです。若干冷遇されているって感じます。月額を安くすることはできます。これから乗り換えるデメリットをご紹介して行きます。

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるデメリット

ソフトバンクはワイモバイルの親会社です。ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは同系統への切り替え感があります。実際はSIMロック解除が必須だったりするので別会社へ乗り換えるイメージになります。電波のエリアはほぼ一緒です。月額は下げることができます。でも乗り換えにかかる手数料や時間以外にデメリットがあります。

【月額】ワイモバイル乗り換えで安くなります。ただ最新iPhoneが選べない等デメリットがあります

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えることで月額が安くなり、お財布に優しいです。

ソフトバンク ワイモバイル
スマ放題ライト
1700円
ウェブ使用料
300円
データ定額 5GB
5,000円
スマホプランM
1年目(6GB):2,980円
2年目(6GB):3,980円
3年目以降(6GB):4,480円
(プランM+データ容量2倍オプション500円)
5分以内の国内通話が無料。家族通話が無料 10分以内の国内通話が無料
月額:7,000円〜 月額:2,980円〜
ワイモバイルへ乗り換えることで1回あたりの無料通話時間が2倍、容量が1GB増えます。さらに毎月2,520円〜4,020円節約できます。

ソフトバンクで購入したiPhone 6s以降のiPhoneはSIMロック解除手続きでソフトバンク以外でも使うことができます。ワイモバイルはスマホセットとSIMカードのみ(USIM単体)の契約が選べます。USIM単体契約でソフトバンクで使っていたiPhoneを利用することができます。

スマホそのままで5GBのスマ放題ライトプランからのスマホプランMへ乗り換えすると
1年目で約4.8万円、2年目で約3.6万円、3年目以降は約3万円/年の節約が可能なことがわかります。

この節約できた費用を考えてもソフトバンクをオススメしたいのが以下の方です。

2年毎にiPhoneを買い替え!=>ソフトバンクがオススメです

ソフトバンクで2年毎に最新iPhoneへ機種変更していた方は、ワイモバイルに乗り換えてもトータルコストは変わりません。
ワイモバイルに乗り換えて節約できる金額は2年間で33,024円です。毎月1376円程度節約できます。思ったより効果が少ないと思いますよね。

ソフトバンク iPhone 8 64GBモデルへ機種変更した場合の2年間のトータルの費用[税込]:
208,320円(1,120円(機種代)+7560円)x24ヶ月 

AppleストアでiPhone 8 64GBモデルを購入しワイモバイルで新規契約した場合の2年間のトータル費用[税込]:
175,296円
1年目計:81,168円(3,546円(機種代) + 3,218円(スマホプランM 税込))× 12ヶ月
2年目計:94,128円(3,546円(機種代) + 4,298円(スマホプランM 税込))× 12ヶ月

以下に価格をまとめています。これを見るとAppleストアで購入するよりソフトバンクなら4割以上安い価格で最新iPhoneを入手できるのがソフトバンクのメリットです。

2018年6月14日時点でソフトバンクはiPhoneX、iPhone8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SEを月月割で安く手に入れることができます。AppleストアではこれらiPhoneに加えてiPhone 6s/6s PlusのSIMフリー版を購入できます。ワイモバイルはiPhone 6sとiPhone SEが購入できます。

ソフトバンク機種変更時の実質負担価格(税込)とワイモバイルの実質負担価格(税込)とAppストアSIMフリー版の価格比較(2018年6月14日現在)を一覧にまとめています。

iPhone X 256GB ソフトバンク:3,410円x24ヶ月(81,840円)
ワイモバイル:-
Appleストア:5,841円x24ヶ月(140,184円)
iPhone X 64GB ソフトバンク:2,640円x24ヶ月(63,600円)
ワイモバイル:-
Appleストア:5,076円x24ヶ月(121,824円)
iPhone 8 256GB ソフトバンク:1,880円x24ヶ月(45,120円)
ワイモバイル:-
Appleストア:4,311円x24ヶ月(103,464円)
iPhone 8 64GB ソフトバンク:1,120円x24ヶ月(26,880円)
ワイモバイル:-
Appleストア:3,546円x24ヶ月(85,104円)
iPhone 8 Plus 256GB ソフトバンク:2,380円x24ヶ月(57,120円)
ワイモバイル:-
Appleストア:4,806円x24ヶ月(115,344円)
iPhone 8 Plus 64GB ソフトバンク:1,610円x24ヶ月(38,640円)
ワイモバイル:-
Appleストア:4,041円x24ヶ月(96,984円)
iPhone 7 256GB ソフトバンク:1,335円x24ヶ月(32,040円)
ワイモバイル:-
Appleストア:-
iPhone 7 128GB ソフトバンク:1,335円x24ヶ月(32,040円)
ワイモバイル:-
Appleストア:3,276円x24ヶ月(78,624円)
iPhone 7 32GB ソフトバンク:855円x24ヶ月(20,520円)
ワイモバイル:-
Appleストア:2,781円x24ヶ月(66,744円)
iPhone 7 Plus 256GB ソフトバンク:1,920円x24ヶ月(46,080円)
ワイモバイル:-
Appleストア:-
iPhone 7 Plus 128GB ソフトバンク:1,920円x24ヶ月(46,080円)
ワイモバイル:-
Appleストア:3,861円x24ヶ月(92,664円)
iPhone 7 Plus 32GB ソフトバンク:1,425円x24ヶ月(34,200円)
ワイモバイル:-
Appleストア:3,366円x24ヶ月(80,784円)
iPhone 6s 128GB ソフトバンク:-
ワイモバイル:頭金540円+3,456円x24ヶ月(83,484円)
Appleストア:2,781円x24ヶ月(66,744円)
iPhone 6s 32GB ソフトバンク:-
ワイモバイル:頭金540円+2,916円x24ヶ月(70,524円)
Appleストア:2,286円x24ヶ月(54,864円)
iPhone 6s Plus 128GB ソフトバンク:-
ワイモバイル:-
Appleストア:3,276円x24ヶ月(78,624円)
iPhone 6s Plus 32GB ソフトバンク:-
ワイモバイル:-
Appleストア:27,81円x24ヶ月(66,744円)
iPhone SE 128GB ソフトバンク:945円x24ヶ月(22,680円)
ワイモバイル:頭金10,584円+2,376円x24ヶ月(67,608円)
Appleストア:2,286円x24ヶ月(54,864円)
iPhone SE 32GB ソフトバンク:450円x24ヶ月(10,800円)
ワイモバイル:頭金10,584円+1,836円x24ヶ月(54,648円)
Appleストア:1,791円x24ヶ月(42,984円)

iPhoneは高いです。使い続ける道もありますよね。事実iPhoneは長く使えます。

iPhoneは最新iOSで6年使える場合もあります。

現行のiOSはバージョン11です。2013年9月発売のiPhone5s以降に対応しています。2018年9月リリース予定の次期iOS12もiPhone5s以降に対応します。つまりiPhone5sは2013年9月から2019年9月まで6年間最新iOSを使える最長モデルです。バッテリー交換費用は8,800円(税別)です。少ない投資で使い倒すことが可能です。

2年毎に機種変更し続ける、最新iOSが提供されている間買い替えないで使い続ける、ライフスタイルに合わせて選べるのもiPhoneの魅力です。

ソフトバンクは月月割を適用している状態が一番お得です。最新端末を安く購入できるメリットを受け続ているからこそ良かったと言えると思います。

月額が安い、でもiPhoneの割引が少ないワイモバイルは、機種変更せずiPhoneを使い続けた方がメリットを享受できますね。

【契約】更新月以外の解約は、手数料を取られます。

これは多くの方がご存知のデメリットですよね。見逃しがちなのは、ソフトバンクで一緒に契約しているタブレットがある場合です。解約せずに使い続けることもできます。タブレットずーっと割の場合はデータシェアプラス(500円)から通常のデータプラン(2500円〜)へ月額がアップすることになります。
更新月以外で解約する場合、契約解除料:9500円が発生します。スマホの更新月とタブレットの更新月って契約した時期が異なる場合が多いので気をつけたいです。

ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えは手数料が無料になったり、月額の割引があったりと優遇されています。ソフトバンクからワイモバイルでは手数料が無料になるキャンペーンはありませんよ。

【通信速度】ソフトバンクは通常72Mbps以上のDL速度が期待できます。ワイモバイルはその半分以下です

ソフトバンクはドコモ、auと比較すると遅い!って言われています。キャリアのソフトバンクはワイモバイルと比べると劇速です。比べてしまうとワイモバイルは遅いです。
こちらはソフトバンクで開示している総務省実効速度調査手法に基づく実効速度結果です。AndroidとiOSで速度の違いがあります。こちらは全体の箱ひげ図です。

出典:ソフトバンク
全国10都市の合計です。このグラフは以下のように表現できます。
受信最大300Mbps(ベストエフォート)、受信実効速度は、72Mbps〜125Mbps
送信最大70Mbps(ベストエフォート)、送信実効速度は17Mbps〜28Mbps
3大キャリアは報告が義務付けられています。ワイモバイル主導の実効速度は公表されていません(2018年6月時点)。そのため、ワイモバイルを契約している有志の方が測定した実測データが参考になります。
注意点としては、有志の方の実測データはある1地点での実測ということが多いので、あなたの地域では異なる結果になる可能性があります。

ワイモバイルは受信実効速度14Mbps以上が期待できます。
ワイモバイルは送信実効速度4.2Mbps以上が期待できます。
格安SIMの通信速度計測 mobile by keisoku.io

ワイモバイルで期待できるダウンロード速度はソフトバンクの1/5です。この違いを体感できるのはごく僅かな利用シーンかもしれません。例えばHD画質に推奨される速度(参考:Netflix)は5Mbpsです。ワイモバイルは14Mbps以上期待できるとご紹介しました。余裕で視聴することができますね。

1GBを超えるゲームアプリのインストール、アップデート時など大容量データを一気にダウンロードするシーンで違いを感じると思います。ただ大容量データは通常Wi-Fiでダウンロードするものかと思うので困るシーンは少ないかもしれませんね。

ワンポイント ワイモバイルは数ある格安SIMの中で、通信速度、安定した通信速度の実測で必ず上位!

ワイモバイルとその他格安SIMを比較するとワイモバイルと同等の通信速度が期待できるのはUQ mobileだけです。その他の格安SIMは混雑する時間まともに使えないってぐらい通信速度が落ち込みます。

安くて速くて安定している回線で選ぶならワイモバイル、UQ mobileだからワイモバイルを選んでも間違いはないです。

【通話サービス】ワイモバイルに家族通話無料はありません

ワイモバイルのスマホプランは10分以内の通話が無料です。ソフトバンクのスマ放題ライトは5分無料ですね。通話時間はワイモバイルの方が長いメリットがあります。安い上に通話時間も長いなんてすごい!って思います。でもデメリットがあります。

スマ放題ライトで家族割引を適用していると家族への通話が24時間無料、SMS送信も無料になります。ワイモバイルはこれに相当する割引がありません。この恩恵を享受しているソフトバンクユーザーは料金明細で使用量をチェックすることをオススメします。

ワンポイント ワイモバイルでもスマ放題相当のスーパーだれとでも定額が選べます

ソフトバンクのスマ放題は2,700円、スマ放題ライトは1,700円の通話プランです。1,000円アップで通話定額です。ワイモバイルも同じです。スーパーだれとでも定額オプション(1,000円/月)で24時間通話時間、回数ともに無制限のかけ放題が可能です。他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ、または固定電話への国内通話が、無料です。国内通話限定です。

無料対象外通話(「着信転送サービス」における転送先への通話、国際ローミング・国際電話(海外への通話)・留守番電話センターへの通話料(再生)やナビダイヤル(0570)・テレドーム(0180)・番号案内(104))があります。無料通話対象外への発信で30秒毎に20円の通話料が発生します。高額になりがちなので気をつけたいですね。

この中でも特に注意したいのは、留守番電話センターへの通話料(再生)が無料通話対象外ってところです。

これの無料対象外通話は、10分以内の通話が無料になるスマホプランも同じく通話料が発生します。

【データ通信】ワイモバイルはデータくりこしがありません。また50GB/100GBプランがありません

ソフトバンクの5GB以上のプランは使い切れなかったデータ量を翌月にくりこして利用できます。ワイモバイルにはデータ繰越がありません。

ワイモバイルのプランと容量は以下になります。月のデータ使用量に合ったプランを選ぶことで繰越がないデメリットがなくなります。

プラン 1年目、2年目 3年目以降
スマホプランS 2GB 1GB
データ容量2倍オプション(500円)で2GB
スマホプランM 6GB 3GB
データ容量2倍オプション(500円)で6GB
スマホプランL 14GB 7GB
データ容量2倍オプション(500円)で14GB

またソフトバンクではおなじみの大容量データ通信量50GB/100GBに相当するプランはありません。ソフトバンクと同様に不足したら自動的にデータ容量を追加する快適モードは500MB単位で500円の価格です。1ヶ月ごとのデータ追加上限回数も指定することができます。
2年間データ容量2倍オプションがタダになります。通常500円のオプションですが500円で1GB、3GB、7GB増やせるならお得です。

ソフトバンクのデータ定額50GB(ウルトラギガモンスター)は7,000円です。通話定額ライトプランなどの費用を合わせても月額9,000円で50GB利用することができます。

ワイモバイルの最大容量プランはスマホプランLの14GBです。1000円/GBで容量追加し50GBにするコストは3万6千円です。ギガモンスターが以下にお得なのかがわかります。

一人で50GB/100GB使うなら絶対ソフトバンク!

ただ、家族でシェアするためにデータシェア50GBを契約している場合は事情が異なってきます。

ワンポイント 家族データシェアで15GBならワイモバイルがお得な理由

ソフトバンクの家族データシェア 15GBで親子3人でこのように契約している場合、月に24,000円以上の支払いがあるかと思います。

パパ(親回線) ママ(子回線) 娘(子回線)
通話プラン:スマ放題 スマ放題ライト スマ放題ライト
月額:2,700円 1,700円 1,700円
ウェブ使用料:300円 300円 300円
家族データシェア15GB
12,500円
データシェア月額:- 500円 500円
小計:19,000円 2,500円 2,500円
計:24,000円(税込:25,920円)

ワイモバイルに乗り換えて、パパは14GBのスマホプランL、電話することが多いので24時間通話定額オプションが必要ですね。ママは2GBのスマホプランS、娘は6GBのスマホプランMで契約した場合、月額は以下のようになります。容量は今までの15GBから22GBに増えています。それでも月額は大きく下がることがわかります。

パパ(親回線) ママ(子回線) 娘(子回線)
プラン:スマホL スマホプランS スマホプランM
データ容量:14GB 2GB 6GB
24時間通話定額:1,000円
月額(1年目):5,980円 1,980円 2,980円
1年目の月額計:10,940円(税込:11,815円)
月額(2年目):6,980円 2,980円 3,980円
2年目の月額計:13,940円(税込:15,055円)
ワンキュッパ割(1000円の割引)は1年継続します。その後ワンキュッパ割が終了するので1年目と2年目で月額が異なってきます。
ワンキュッパ割は加入月翌月から適用されます。加入月は日割り計算です。上記表はこれを加味していないので概算とお考えください。

ワイモバイルに家族で乗り換えると毎月最大で13,060円は節約できます。
オンラインの申し込み=>ワイモバイル

【特典】ヤフーのお買い物がいつでも10倍!、ワイモバイルに乗り換えると5倍です。

ソフトバンクスマホユーザーはYahoo!ショッピング・ロハコでのお買い物がいつでもポイント10倍(通常の1倍+期間固定Tポイント9倍)ですよね。Yahoo!プレミアムの利用権も無料(通常:462円/月)で使うことができます。
ワイモバイルもYahoo!プレミアムの利用権が無料です。ただソフトバンクと違いがあります。

ワンポイント ワイモバイルはいつでも5倍

ワイモバイルスマホユーザーは、いつでも5倍です。ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるとTポイント獲得スピードが1/2です。

10倍:通常の1倍+Yahoo!プレミアム4倍+ソフトバンクユーザー限定5倍
↓↓↓
5倍:通常の1倍+Yahoo!プレミアム4倍+ソフトバンクユーザー限定5倍

Yahoo!プレミアム自体の利用サービスに違いはありません。

まとめ

ソフトバンクからワイモバイルへ!デメリットをまとめてきました。メールアドレスが変わるというデメリットもありますがLINEで連絡している方が多いかと思うので省略したりしています。

2年毎にiPhoneを買い替えする方はソフトバンク、タブレット契約を続けている方は更新月の違いに注意する、ソフトバンクとワイモバイルの通信速度の違い、家族で長電話する方はソフトバンク、ワイモバイルに乗り換えることでなくなるサービスや特典などをご紹介してきました。

もし、ソフトバンクで2年以上同じスマートフォンを使っているって方は、勿体無いので機種変更するかワイモバイルに乗り換えるというのが明確な判断基準になるかと思います。
ソフトバンクとワイモバイル両方の店舗に足を運んで乗り換えする方法は、待ち時間や移動時間もあるので面倒って気持ちもわかります。

ソフトバンクショップへ行かなくても、電話でMNP予約番号(SMSで送られてきます)を取得できます。
またネット(オンライン)でワイモバイルに申し込むこともできます。
ショップに足を運ばなくてもMNPはできますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

スマホの月額料金を節約したいの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スマホの月額料金を節約したいの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

スマホの月額料金を節約したい編集部

スマホの月額料金を節約したい編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • HUAWEI P20 liteの最安値は?UQモバイル、BIGLOBESIMですよ

  • ソフトバンクからワイモバイルへ!デメリットのまとめ

  • UQ mobileはどこで申し込むとお得なの?

  • MR05LNクレードルをブリッジ接続する方法とデメリット

関連記事

  • ソフトバンク系格安SIMのまとめ10選(比較表付き)

  • Aterm MR04LNを安く買う、もうひとつの方法

  • デメリットが少ない優良格安SIM7選

  • UQ mobileはどこで申し込むとお得なの?

  • 格安SIMで通話を安くできるプラン・オプションを徹底比較【2016年10月】

  • Amazon Musicの通信料が無料になる格安SIM一覧