1. TOP
  2. 低価格SIM/格安SIM(MVNO)比べて分かった!選ぶ際の注意事項、サービスの違いに注目

低価格SIM/格安SIM(MVNO)比べて分かった!選ぶ際の注意事項、サービスの違いに注目

app_5_mikarika-600
音声通話も可能な格安SIMが登場しています。SMSも使えてNMP(携帯電話番号ポータビリティー)も可能です。

低価格SIM・格安SIMってなに?

低価格・格安SIMを提供している会社は、仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ、Mobile Virtual Network Operator, MVNO)、MVNO業者と呼ばれます。

docomo、KDDI(au)、SoftBank、Y!mobileといった自社でネットワークを構築している業者を移動体通信事業者 (MNO)と呼びます。

MVNO事業者は独自回線網を持たない、ほとんどはNTT docomoの回線

多くはNTT docomoのFOMA網、Xi網を利用した通信サービスを提供しています。
AU網を使った通信サービスは、mineoUQ mobileの2社が提供しています。

残念ながらSoftBank網を使ったMVNOで格安SIMを提供しているサービスはありません。

ほとんどのMVNO業者は、docomoからOEMで回線を借りて、独自のサービスで差別化(売りを作っている)ということになります。

ここで一つ重要なこととして、SoftBankで契約し購入した端末は使えない事実があります。
SIMロックが掛かっているため、SoftBank網で使っていた端末は、そのままではdocomo網では使えません。

ほとんどがNTT docomoの回線という事実は、docomoで契約した端末はそのまま使えることにつながります。

MVNO業者のSIMを利用するなら、NTT docomoで使っていた端末かSIMロックフリー端末が必要となります。

MVNO業者の中には、SIM単体販売以外に、スマホセットで契約できる会社もあります。

大手MNO(docomo, au, softbank) と MVNO事業者の違いは?

大きな視点で捉えると総合的なサポート力が異なります。
自社でネットワークを構築している分、内情をよく理解したサポートが受けられます。

docomo IDはドコモと契約していなくても取得可能です。
ドコモと契約しているユーザーとドコモ以外のユーザーは区別され管理されています。

MVNOのSIMに変更した場合、ドコモ独自のサービスは、利用できなくなります。

  • MVNOのSIMは、SPモードが使えない
  • MVNOのSIMは、キャリアメールアドレス(@docomo.ne.jp, @ezweb.ne.jp)を引き継げない

さらにMVNOのSIMに変更した場合、こんなサービスも利用できなくなります。

年齢認証などのサービスは、ドコモと契約しているユーザーのみ提供されるサービスとなっています。
年齢認証が必要なアプリやサービスを希望する方は、docomo, au , softbankなどのキャリアを選ぶことをお勧めします。
また、ドコモのiDのようなSPモードを必要とするサービスは利用できなくなります。

  • MVNOのSIMでは年齢認証対応サービスは受けられません。(2015/4時点)
  • MVNOのSIMではiD(おサイフケータイの
    一部)サービスは使えません

さらに、docomo網を使ったMVNOのSIMでは、MMSが利用できなくなります。
SMSで写真の添付などができなくなります。

MNPや端末代の値引きなど新規ユーザーに優しい大手キャリア(docomo, au, softbank)ですが、
反面、既存ユーザーの月額は高いです。
大手キャリアは、国内通話が無料となるカケホーダイなどのサービス分が月額に含まれます。

MVNO業者は大幅な値引きキャンペーンや、音声回線の無料通話がない、整備された回線を借りているため、大手キャリア(docomo, au, softbank)に比べると割安になります。

キャリアとMVNO高速データ通信速度も違う?

高速データ通信容量は高速にデータ通信できる最大容量となります。
高速データ通信速度は、75Mbps、150Mbps、225Mbpsなどになりますが、すべてベストエフォート型、つまり速度保証はありません。
高速データ通信対応エリアであっても、回線の混雑度合いによって、同じ場所・時間帯でも速度が出る出ないなどの違いが発生します。

大手キャリア契約の場合も同様に発生しますが、

MMD研究所発表の「2015年4月格安スマホ通信速度調査」を確認すると

お昼の時間帯、docomo契約端末は20Mbpsの速度、MVNOのほとんどは1Mbps未満の速度、つまりキャリア側優先となる結果となっています。

参考:「格安スマホ、お昼時間帯で通信速度が低下―通信キャリアとダウンロードスピードに差」
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1429.html

MVNOのSIMに乗り換える際は、大手キャリアの品質と違いがあるという認識が必要です。

- 広告 -

格安SIM(MVNO業者)は、どんなサービスで差別化している?

ワンコイン(500円未満)の月額料金や、低速データ通信で月無制限、月単位/日の高速データ通信量などがまず目につきます。

容量と月額料金

容量と月額の分布をグラフにしてみました。

最近の傾向として、データ容量3GB/月相当に各社力を入れているようです。

以前は、直近3日間のデータ通信量が規定を超えると速度制限されるプランがほとんどでしたが、この直近3日間の制限を撤廃するMVNOが登場しています。
また、高速データ通信量も大容量の10GB/月を提供するプランも続々と登場しています。

最安の価格帯である「月々500円の激安ワンコインプラン」は、250Kbpsの通信速度で無制限のSMSなしのデータ通信専用のプランのみです。
無制限ですが、直近3日間のデータ通信量の規制は設けられています。そのため、がっつり通信には向きません。
容量追加オプションの適用で150Mbps高速通信も可能になります。

月額1,000円未満の価格帯は、SMSありで高速データ通信量3GB/月のプランが選べます。

090/080/070発信が可能な音声通話は、月々2,000円未満の価格帯からプランが存在します。

また、最高3Mbpsの速度で容量無制限のぷららモバイルLTE定額無制限プランは、常時データ通信をする方にとっては、最強プランの一つと言えます。

価格以外に目を向けると、MVNO業者サービスの大きな違いは、3つに集約されます。

高速データ通信量を超えた場合や3日間累計のデータ通信量を超えた場合の速度規制の違い
高速データ通信量コントロール、独自メールアドレス付与や無料公衆WiFiなどの付加価値サービスの違い
容量追加オプション・チャージオプションの違い

まず1つめの

高速データ通信量を超えた場合や3日間累計のデータ通信量を超えた場合の速度規制の違い

月単位、例えば1GB/月までは150Mbps、3GB/月までは150Mbpsといったプランや、
日単位、例えば70MB/日までは150Mbps、100MB/日までは150Mbpsといったプランは、
与えられた高速データ通信量を超えた場合に低速データ通信になります。

月単位○GBプランと無制限プランの多くは、この高速データ通信の容量以外に直近3日間のデータ通信量が既定の制限値に達すると速度規制が行われます。

規制された後の通信速度の違い

選ぶMNVO業者、プランにより、この低速データ通信時の速度が、128Kbpsなのか、200Kbpsなのか、300Kbpsなのかなどの違いが存在します。多くのプランでは、200Kbpsです。
また、一部のプランでは、規定値を超えた瞬間から接続ができなくなるものも存在しています。

規制する上限容量の違い

直近3日間のデータ通信量は、300MB/3日から1GB/3日などと選ぶプランにより違いがでてきます。
3日間のデータ通信量の累計が300MBから400MBで速度規制されるプランが多くをしめています。

100MB/3日間、150MB/3日間、300MB/3日間、
360MB/3日間(該当12プラン)、
366MB/3日間(該当18プラン):最多、
400MB/3日間(該当5プラン)、
1GB/3日間(3000円/月以上のプランの一部)

直近3日間のデータ通信量規制がないプランも登場しています。

OCNモバイルONEb-mobile高速定額などプランすべてで直近3日間のデータ通信量規制ないことを明示しています。

規制対象とするデータ通信の種類(高速データ通信、低速データ通信)が違う

各社の違いが出ています。

高速データ通信量が使い切るまでは直近3日間の速度規制を行わないプラン
高速データ通信量の残量有無に関わらず、直近3日間の速度規制を行うプラン、
速度規制が行われた際、チャージで速度規制を解除できるプランと出来ないプランに別れます。

高速データ通信量が使い切るまでは直近3日間の速度規制を行わないプランは、
200Kbpsなどの低速データ通信時、たくさんデータ通信を行う人を規制する目的です。

一方、高速データ通信量の残量有無に関わらず、直近3日間の速度規制を行うプランは、
月の高速データ通信量の他に日単位の制限があるようなプランと捉える必要があります。

直近3日間という規制は、1日で超えてしまうと、残り2日間規制速度となります。
1日でたくさん使いたい人はこのプランはオススメできません。

高速データ通信量コントロール、独自メールアドレス付与や無料公衆WiFiなどの付加価値サービスの違い

高速データ通信量コントロール、余った高速データ通信量を繰越できるようなサービスがあります。ウィルス対策ソフトがついたり、公衆無線LANが無料でつかえたりと様々です。

2015年4月現在、大手docomo, au, softbankなどにあるWebからSMSの迷惑メールを拒否できるようなサービスは、提供されていません。

高速データ通信量コントロール

高速データ通信ON/OFF制御は、MVNO業者のサイト、または専用アプリを使って高速データ通信量を使った高速データ通信を行うか、または低速データ通信を行うかを利用者自らが指定できるサービスです。高速データ通信の節約が可能になります。
2015年4月現在、OCNモバイルONEBB.exciteモバイルDTI ServersManIIJmiohi-ho LTEワイヤレスゲートをはじめ、DMMモバイル楽天モバイルなど各社続々対応表明しています。

契約するともらえる無料メールアドレス

古くからADSL・光回線などを手がけるプロバイダーで契約すると無料でメールアドレスがもらえます。
OCNモバイルONEBIGLOBE LTENTTぷららhi-ho LTE楽天ブロードバンド LTEASAHIネットLTE@nifty do LTESo-net mobileなどが該当します。

また、古くからあるプロバイダーではありませんが、AU網を使ったmineo(マイネオ)でも無料でメールアドレスがもらえます。
楽天モバイルは、1契約につき10個の無料メールアドレスがもらえます。

付帯する高速データ通信がもちこせる

付帯する高速データ通信量を翌月末まで繰り越せるプランが増えてきています。
(日毎のプランの場合は、翌日まで繰り越せる)

BB.exciteモバイルIIJmiomineo(マイネオ)hi-ho LTEなどが該当します。

BIGLOBE LTE・3Gの一部プランOCNモバイルONEDMM Mobile、楽天モバイルも対応しています。

高速データ通信量を複数のSIMでシェア可能な家族向けなプランもある

1契約で複数毎2枚から3枚のSIMを契約できるプランがあります。
最大の特徴は、複数毎のSIMで高速データ通信量を分け合えることになります。
一方、高速データ通信量を使い切った場合は、契約しているすべてのSIMが低速データ通信速度になります。

OCNモバイルONEb-mobileの一部プラン、BB.exciteモバイルBIGLOBE LTEIIJmioの一部プラン、mineo(マイネオ)hi-ho LTEの一部プランなどが該当します。

家族でシェアできて、さらに音声通話ができる夫婦プラン

家族でシェアできて、さらに音声通話ができる家族3人プラン

家族でシェアできて、さらに音声通話ができる家族4人プラン

公衆無線LANスポットが使えるプラン

付帯する高速データ通信量が基本料金据え置きで、増量されています。この流れの要因で、公衆無線LANスポットのニーズが下火になりつつあります。

無料でそのまま公衆無線LANスポットが使えるプランと、別途契約して有料で使えるプランが存在します。
無料で公衆無線LANスポットが使えるのは、ワイヤレスゲートBIGLOBE LTENifMoの3社のみです。
OCNモバイルONEは、2015年9月末までWiFiスポットが期限限定無料で使えるトライアル中です。

ウィルス対策・迷惑メール対策

ウィルス対策ソフトを月額無料または有料で提供しているプランがあります。
iPhoneが対象ではなく、Androidが対象となります。
選ぶプランによりウィルスバスタ、マカフィー、カスペルスキー、ネットバリアなどになります。

付帯するメールアドレスに対してウィルスチェックや拒否設定が行えるプランもあります。
(残念ながらSMSは未対応です)

後からプランが変更できるものとできないものがある

プランを変更できるものと、全くプラン変更を受け付けない会社に別れます。

選ぶ際は注意したいSIMサイズと通話/SMS

一度契約してしまうとSIMサイズは変更できない、または有料(3000円/回)で変更がほとんどです。
また、SMSあり、なしは、SIMカードの機能のため、SIMカードの変更となります。
通話あり、なしも同様となります。

容量追加オプション・チャージオプションの違い

定められた高速データ通信を使い切ると低速データ通信となります。

容量追加オプション・チャージオプションで高速データ通信量を購入し、復活できます。
追加できる容量と値段は各社まちまちです。
100MBの最安値は150円、最高値は500円です。同じデータ量ですがこれだけの違いが発生します。
1GBの最安値はu-mobileの800円です。目を見張る安さです

容量追加オプション・チャージオプション自体が存在しないプラン

○GB/月というプランでも容量追加オプション・チャージオプション自体がないプランがあります。
高速データ通信を目一杯楽しみたいという要望には応えてくれません。



容量追加オプション・チャージオプションでも低速データ通信ままのプラン

3日間の累積データ通信量の規制を受けている場合、容量追加オプション・チャージオプションを購入しても高速データ通信が行えいないプランがあります。
3日間の累積データ通信量の規制は緩めのプランを選びたいところです。

容量ではなく、時間を買うという考え方

楽天ブロードバンド LTEの新しいプランは、24時間使いたい放題になるものです。

400円で24時間、高速データ通信量が無制限となる、新しい考えの
容量追加オプション・チャージオプションです。

容量追加オプション・チャージオプションが購入できるタイミングや回数

月に購入できる最大制限があるプランや高速データ通信が残っている場合購入できないプランなどがあります。
いつでも買えて、任意に使えると思い込んではいけないですね・・

容量追加オプション・チャージオプションの有効期限

せっかく購入した容量追加オプション・チャージオプションも賞味期限が存在します。
購入した月に切れてしまうものから6ヶ月先まで有効なものまで、会社によってまちまちです。


[ 広告 ]

[ 広告 ]