1. TOP
  2. グローバルIPアドレス(固定)で高速データ通信が可能なSIMプラン一覧

グローバルIPアドレス(固定)で高速データ通信が可能なSIMプラン一覧

SIMを提供している会社は数多くあります。そのほとんどはプライベートIPアドレスのサービスです。
 
当ページで、グローバルIPアドレス(固定)を提供してくれる格安SIM会社がわかります。
 

グローバルIPアドレス(固定)用途は?
スマホやタブレットをネットや動画サービスを利用する上ではプライベートIPアドレスのMNVOで大丈夫です。
スマホやタブレットの用途ではIPアドレスを強く意識するような使い方は少ないです。
 
監視カメラなどのM2Mやシステム用途、遠隔地での制御などではなく、
単純に格安SIMを探しているだけの方は、グローバルIPアドレスは不要です。
 
グローバルIPアドレスは、「サーバーを公開したい」、「カフェや外出先から自宅のパソコンの資料にアクセスしたい」、「Webカメラでペットの様子をチェックしたい」用途に最適です。
 
また、グローバルIPアドレスは、あなた専用のアドレスです。レンタルサーバーなどであなた専用のアドレスを識別して管理権限を与えるってこともできます。
 
グローバルIPアドレスは、インターネット側からあなたの端末にアクセスできるIPアドレスです。
 
グローバルIPアドレスにも、静的で変化しない固定IPアドレスと、DHCPなどタイミングによっては動的に変化する動的なIPアドレスがあります。
 
当ページでは、M2M用途や山間部など遠く離れた場所を監視する際に必要になりがちな固定でグローバルIPアドレスが使える格安SIM会社に絞っています。
 
格安SIM会社で固定IPアドレスが持てるのはインターリンクLTEとasahi-netのANSIMです。
 
どちらも山間部に定評のあるドコモ回線を使った格安SIMです。
 
 

固定IPアドレスのデータ通信専用SIMならインターリンクLTEがオススメです

インターリンクLTEは、すべてのプランに必ず1つの固定IPが付いています。
インターリンクは法人でも契約できます。
また運用に合わせたプランが選べるのも特徴です。

1分あたり1Mオーダーの通信を想定しているなら、「128kbpsで使い放題プラン」があります。

128Kbpsなので、瞬間的なスピードには期待できません。
上下最大128kbpsで使い放題が最大のメリットです。
 
リアルタイム性を求めないデータ通信、制御通信などに最適です。
 
データ通信専用プランの月額(税込):1,080円〜
SMSありのデータ通信専用プランの月額(税込):1,231円〜
 
SMSの受信は無料です。SMSの送信は1通あたり3円〜(文字数によって変動します)の送信料金が発生します。
 
 

グローバルIPアドレス1個付いて高速データ通信も選べます。

リアルタイムに大容量のデータをやり取りする必要があるなら、「10GBまで高速プラン(固定IP1個)」が一番高速データ容量が多いです。
1GB、3GB、7GB、10GBの高速データ容量を選ぶことができます。
 
 
契約後容量を変更する(プランの変更)も可能です。
プラン変更申し込み後、即日反映されるのも強みです。
ただ、プラン変更は有料(1,620円/1回)です。
 
 
高速データ容量プランは、余ったデータの繰り越しが可能です。
また、高速データON/OFFもできるので高速データ通信を節約して利用することも可能です。
 
 
アプリでON/OFFやるタイプではなく、契約後ログインできる「マイメニュー」からON/OFFできます。遠隔地でも安心です。
 
 
1日のデータ通信の目安からプランを選ぶと以下のようになります。

  • 1日 1MBから30MBのデータ通信が必要=>1GBプラン
  • 1日 30MBから100MBのデータ通信が必要=>3GBプラン
  • 1日 100MBから200MBのデータ通信が必要=>7GBプラン
  • 1日 200MBから300MBのデータ通信が必要=>10GBプラン

 
 
高速データ通信を節約モードにすると200Kbpsの速度です。
プログラム的にOn/Offすることはできないと思った方がいいです。
 
1GBのプランで

  • 通常は200Kbpsの節約モードで差分データを送信する。
  • 週1回、または月1回、高速データ通信(節約モードを手動OFF)で大容量データを転送する

という運用も想定できますね。
ただ高速データ節約ON/OFFを絡めると運用が煩雑ですね、
 
容量的に足りそうなら高速通信前提の仕様にした方が良さそうです。
10GBじゃ足りない場合は、低速通信(200Kbps)速度に最適化させる仕様するか、
データの送信頻度、圧縮などいろいろ検討する必要がありそうですね。
 
使い切っても24時間速度制限解除クーポン(1回/540円 利用回数制限なし)が使えます。
また、余った容量は、翌月末まで繰り越すことが可能です。
 
高速のON/OFFは、スケジューラーやクーロンで対応してくれると選択肢が増えそうですよね。
 
 

プラン データ通信月額(税込) SMSあり
データ通信月額(税込)
1GBまで高速プラン 1,458円〜 1,609円〜
3GBまで高速プラン 1,728円〜 1,879円〜
7GBまで高速プラン 2,538円〜 2,689円〜
10GBまで高速プラン 3,132円〜 3,283円〜
 
 
容量別に使いすぎ制限があります。1GBのプランで1日で1GB使い切ろうってことはできない仕組みなっています。
高速データ通信節約モードや容量を使い切ったり、使いすぎ制限に引っかかると200Kbpsの速度になります。
 
 

 

グローバルIPアドレス(固定)で高速データ通信が可能なSIMプラン一覧

グローバルIPアドレス(固定)が選べる格安SIMで高速データ通信が可能なSIMプランです。
一部低速プランもあります。
SMSが必要、不要の場合もあるかと思うので、SMSも合わせて一覧に入れています。
価格の安い順に並んでいます。表示価格は税込です。

  1. インターリンクLTE (データ通信) 128kbpsで使い放題プラン 1,080円〜

     

  2. インターリンクLTE (データ通信) 1GBまで高速プラン 1,458円〜

     

  3. インターリンクLTE (データ通信+SMS) 1GBまで高速プラン 1,609円〜

     

  4. インターリンクLTE (データ通信) 3GBまで高速プラン 1,728円〜

     

  5. ANSIM(データ通信) 3ギガプラン 1,836円〜

     

  6. ANSIM(データ通信) 1日110MBプラン 1,836円〜

     

  7. インターリンクLTE (データ通信+SMS) 3GBまで高速プラン 1,879円〜

     

  8. ANSIM(データ通信+SMS) 3ギガプラン 1,965円〜

     

  9. ANSIM(データ通信+SMS) 1日110MBプラン 1,965円〜

     

  10. インターリンクLTE (データ通信) 7GBまで高速プラン 2,538円〜

     

  11. インターリンクLTE (データ通信+SMS) 7GBまで高速プラン 2,689円〜

     

  12. ANSIM(データ通信) 7ギガプラン 3,002円〜

     

  13. ANSIM(データ通信+SMS) 7ギガプラン 3,132円〜

     

  14. インターリンクLTE (データ通信) 10GBまで高速プラン 3,132円〜

     

  15. インターリンクLTE (データ通信+SMS) 10GBまで高速プラン 3,283円〜

     

 
asahi-netのANSIMは固定IPアドレスがオプションで契約できます。
オプション費用は、月額800円(税別)です。
上記料金はその額を含んでいます。
 
ANSIMは初月無料のキャンペーンをやってたりします。
ANSIMをチェックしてみる
 
インターリンクはセカイVPN、おまかせDNS、インターリンクLTE SIM、ZOOT NEXT for フレッツ光などのサービスを10年以上ご利用の方限定で初期費用が無料になります。
 
インターリンクLTEはこちら↓から。法人向けの相談窓口もあります。


 
ここまで、IPv4のグローバルIPアドレスが使える格安SIMをご紹介してきました。
次は、IPv6のグローバルIPアドレスが使える格安SIMのご紹介です。
 
 

格安SIMでIPv6(グローバル)のデータ通信が可能なSIMプラン

格安SIM事業を展開している会社の中で、IPv6の割り振りを受けている事業主は株式会社インターネットイニシアティブ(IIJmio)をはじめとして、ビックローブ(BIGLOBE SIM)、DTI、フリービット(FREETEL SIM)、ケイオプティコム(mineo)、楽天株式会社(楽天モバイル)・・・数多くあります。

ISP事業を同時展開している会社も多く、格安SIMでIPv6接続を展開している会社は、ごく少数です。

こちらのJPNIC:IPv6の割り振りを受けた指定事業者一覧にIPv6接続サービスを展開できる会社のリストがあります。

格安SIMでグローバルIPv6を使いる会社は、
IIJmioを提供している株式会社インターネットイニシアティブです。(2017年7月10日時点)

設定・仕様
端末に割り当てられる IPv6 アドレスは /64 となります
IPv6アドレスは動的に割り当てます
IPv4のアドレスはプライベートアドレス、IPv6のアドレスはグローバルアドレスを払い出しますmioモバイルのIPv6について

IIJmio自体は、個人向けのサービスです。
法人向けのサービスは、こちらの窓口から問い合わせることができます。

IIJ個人向けサービスは、au回線のタイプA、ドコモ回線のタイプD、2つの回線からプランを選ぶことができます。
タイプA、タイプDどちらでもIPv6をご利用いただくことが可能です。
個人契約ならこちらの

からプラン・容量・月額を確認できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか、「グローバルIPアドレス(固定)で高速データ通信が可能なSIMプラン一覧」として、以下をご紹介してきました。

  • 固定IPアドレスのデータ通信専用SIMならインターリンクLTEがオススメです
  • グローバルIPアドレス(固定)で高速データ通信が可能なSIMプラン一覧

 
グローバルIPアドレスが必要になるシーンは、限定されるので、
提供してくれる格安SIMも少ないのがわかったかと思います。
当ページが参考になれば幸いです。
 
 

おまけ:M2M、IoT向けプランが用意されているSIM

M2M用途やIoT用途でも利用可能なプランを提供している法人向け格安SIM会社をまとめています。
これまでは、IPアドレスをグローバル、プライベートで分けた場合、以下4つカテゴライズのうち固定グローバルIPアドレスが持てるSIMを当ページでご紹介してきました。

  • 動的プライベートIPアドレス
  • 動的グローバルIPアドレス、
  • 固定プライベートIPアドレス、
  • 固定グローバルIPアドレス

 
少し、視点が変わるので、グローバルIP(固定)向け案件の方にはあまり関係ない話になるかと思います。
 
プライベートIPでも、システム全体を統一することで監視サーバからカメラ、端末を閉じたネットワークで利用することができます。
 

  • BIGLOBE 法人接続サービス

    バス運行管理、トラック配送管理、車載カメラ、POSレジなどの実績があります

    公式サイトで見積もりできます:BIGLOBE 法人接続サービス(M2M・IoT)

  • SORACOM Air

    ビルの空調管理、東急ハンズのPOSシステム、建設機械の施工支援システム

    お見積もりはこちらから:SORACOM Air(料金)

  • NifMo法人サービス by NIFTY BIZ

    導入を検討中のお客様に無料でSIMをお貸し出ししております

    公式サイトから資料、お試しの申し込みができます:NifMo法人サービス(M2M/IoT利用)

  • ロケットモバイル IoT(Internet of Thinghs)/M2M(Machine to Machine)向け法人βサービス

    2016年秋に正式サービス開始予定だったようですが、公式サイトを見てもよくわかりませんでした。

    格安SIMサービス「ロケットモバイル」法人契約IoT/M2M向けβサービス提供の開始について

  • フリービット法人向けICTサービス
    電話、メールで相談できます:IoT/M2M専用SIMサービス

  • OCNモバイルONE for Business

    回線工事不要でPOSレジが購入可能に高速モバイル通信が支えるスピーディな出店戦略、モバイル回線の高速・大容量化とあわせて繁忙期の通信コストを抑えたい。などの導入実績があります。

    Aterm MR05LNが選べます

    公式サイト:OCN モバイル ONE for Business(サービスの特徴)

  • IIJ IoTサービス

    各種センサーからデータを収集し、高品質な閉域モバイル網でクラウド上のプラットフォームへ転送・蓄積。データの可視化やデバイス管理まで、ワンストップで実現します。

    先着100社限定で最大2ヶ月間無料のキャンペーン実施中です。(2017年9月30日まで)
    公式サイト:IIJ IoTサービス

  • IIJモバイルM2Mアクセスサービス

    IIJモバイルM2Mアクセスサービスは、ワイヤレスM2M(Machine to Machine)ビジネスの基盤となるモバイル接続サービスです。M2Mデバイス向けにSIMカードをご提供します。閉域ネットワークを利用したセキュアな接続サービスとインターネットを利用した手軽な接続サービスをご用意しています。

    公式サイト:IIJモバイルM2Mアクセスサービス